涼宮ハルヒの憂鬱 第10話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」

涼宮ハルヒの憂鬱、第10話レビュー。
関東ではもはや第11話流れちゃってたりしますが_| ̄|○


今回はみくる嬢は当然のように良かったですが、有希が良かったです。
なんつーか、有希の魅力を改めて思い知らされた感じですね(殴


レビューの続きは、↓よりどうぞ。


第10話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」


冒頭、いきなり机にうつ伏せ状態なハルヒ。
そんなところに登校してきたキョン。
で、ハルヒに高校生らしい生活を送るように言うキョン。
つーか、あの、OPは!?(汗


授業中、下駄箱に入れられていた手紙を気にするキョン。
そして放課後のSOS団にて、まだ気にするキョン。
そこへハルヒがやって来て、パソコンにて暇潰し。
パソコンの画面には、朝比奈みくる悩殺写真館と言うものが!


キョン「って、そら何だ!?」
ハルヒ「何って写真よ! みくるちゃんの悩殺写真!」
キョン「んなものは見りゃ分かる! それをどうする気だ!?」
ハルヒ「うちのサイトのトップページに貼り付けるのよ!
    これで世の中、不思議メールもじゃんじゃん来るわ!
    アクセス数もあーっと言う間に万単位で大回転よ!
    カウンタの桁足りるかしらねぇ?」



そんな事を言っているのを無視し、ゴミ箱へと写真を入れるキョン
それを見て止めようとするハルヒ。
しかし、もしトップページだったら、みくる嬢が危険過ぎる!(汗
キョンの猛反論の結果、削除決定。
消そうとするキョンだと思ったら、フォルダ作ってちゃっかり保管
男だね、キョン(笑 ハルヒは不機嫌になって下校する事に。


その後、キョン、みくる嬢、有希の三人だけになるSOS団。
古泉は来たと思えば、すぐに退場。
そして下校する事にする三人。みくる嬢の台詞が良いなぁ(殴


部室を飛び出したキョンが向かったのは教室。用件は手紙の呼び出し。
教室にいた人物は、クラスメートの朝倉涼子。


涼子「入ったら?」
キョン「お前か?」
涼子「そ。意外でしょ?」
キョン「何の用だ?」
涼子「用があるのは確かなんだけどね……ちょっと、聞きたい事があるの。
   涼宮さんの事ね……どう思ってる?」



会話的に、告白かと思わせるような二人のシーン。
しかし、それは大間違い!


涼子「何も変化しない観察対象に、あたしはもう飽き飽きしてるのね。
   だから、あなたを殺して、涼宮ハルヒの出方を見る」



その一言と共に、サバイバルナイフを突きつけられるキョン。
いきなり殺すと言われたキョン。どうにか説得しようとしますが無意味のようで。
教室から逃げ出そうとしたら、教室の入り口が消去。
閉じ込められ、逃げ場を失うキョン。動きを封じられます。


涼子「あなたが死ねば、必ず涼宮ハルヒは何らかのアクションを起こす。
   多分、大きな情報爆発が観測できるはず。又と無い機会だわ」
キョン「知らねぇよ……!」
涼子「じゃあ、死んで」



そう言ってナイフを持ったまま迫る涼子。絶体絶命なキョン。
その時、壁にひびが入り爆発。
キョンの目の前には、ナイフを手で握り止めた有希の姿が!


有希「一つ一つのプログラムが甘い。側面分の空間閉鎖の情報封鎖が甘い。
   だから私に気づかれる。進入を許す」
涼子「邪魔する気? この人間が殺されたら、間違いなく涼宮ハルヒは動く。
   これ以上の情報を得るには、それしかないのよ?」
有希「あなたは私のバックアップのはず。独断専行は許可されていない。
   私に従うべき」
涼子「嫌だと言ったら?」
有希「情報結合を解除する」
涼子「やってみる? ここでは私の方が有利よ。
   この教室は、私の情報制御空間」
有希「情報結合の解除を申請する」



そしてバトル開始。つまり、有希と涼子は同じ存在だと言う事。
キョンを守りながら戦う有希。と思ったら蹴ったよ!?∑( ̄□ ̄;)
涼子のキョンへの攻撃を、身体を張って防ぐ有希。
有希が不利なバトルかと思えば、いきなり形勢逆転。
有希の勝利。涼子は負けを認め、キョンに言葉を残して消えていきます。
倒れる有希。そして元に戻る教室。
しかし、メガネの再生だけ忘れた有希。え、ドジっ子?(違


有希「メガネの再構成を忘れた」
キョン「してない方が可愛いと思うぞ。俺にはメガネ属性ないし」
有希「メガネ属性って何?」



メガネ属性って、あんたら……。
有希を抱きかかえているキョン。そんな二人の前に、クラスメートの谷口登場!
二人の姿を見るや、すぐに撤退。誤解発生。
もはや、有希の言っていた事を納得せざるおえない状況になったキョンです。


翌日、涼子は有希の情報操作によって転校したと言う事に。
それを聞いて目を輝かせるハルヒ。


昼休み、下駄箱に入っていたみくる嬢の手紙を読んだキョンは部室に。
しかし、部室にはみくる嬢に良く似た女性。


キョン「あの……朝比奈さんのお姉さんですか?」
みくる「ふふっ。私は私。朝比奈みくる本人です。
    ただし、あなたの知っている私より、もっと未来から来ました。
    会いたかった……」



いまいち信じられないキョン。すると、胸のホクロを見せるみくる嬢!
な、何だ、そのエロい胸元は!(滅 しかも特盛りってキョン!
未来のみくる嬢は、キョンに伝えたい事があった為に登場。


みくる「あまり、この時間に留まれないの。だから、手短に言います。
    白雪姫って知ってます?」
キョン「それは、知ってますけど……」
みくる「これから、あなたが困った状態に置かれた時、
    その言葉を思い出した欲しいんです」



つまり、もっととんでもない状況がキョンを襲うと。
そして、その時は白雪姫の物語を思い出せと言う事。
未来のみくる嬢ができる精一杯のヒント。
最後に、自分とは仲良くしないでと言って立ち去るみくる嬢。
やはり、年齢を聞くのは禁則事項でした(謎


未来のみくる嬢退場後、有希登場。
しかし、メガネはしていません。


ハルヒ「どこ行ってたのよ!?
    すぐ帰ってくると思って、ご飯食べないで待ってたのにっ!」
キョン「その台詞、幼なじみが照れ隠しで怒ってる感じで頼む」



教室に戻ってきて、すぐにハルヒに連れさらわれるキョン。
つーか、ツンデレ台詞じゃないか、ハルヒ! もっともっと!(死
朝倉涼子の突然の転校について調べようと行動開始するハルヒ。
で、ずるずると引っ張られていくキョン。なんか間抜けだw
無駄骨を折るのは自分ではなくてハルヒだと思うキョンだが、大違い。


ハルヒ「あんたも行くのよ!」
キョン「何で!?」
ハルヒ「あんた、それでもSOS団の一員なのっ!?」



そして、「SOS団 本日自主休日 ハルヒ」の貼り紙を貼って第10話終了。






次回は、「射手座の日」
え、えー、SOS団のパソコンが増えてる気が……まさか!?(謎


今回は、大人なみくる嬢が魅力的でございました(殴
そして有希がカッコイイし、可愛い! 他の方々が有希派な理由も分かる!(ぉ


現在のみくる嬢は萌え萌えで、未来のみくる嬢は魅力的。
この素晴らしいみくる嬢を、私は最後まで応援しますぜ!(死
スポンサーサイト

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カンザキ

Author:カンザキ
「勇気と希望と愛を」の管理人

最近の状態
・更新停滞中の怠け者

お気に入り
・仮面ライダー電王
・ティンクルセイバーNOVA
・聖霊機ライブレード
・アイドルマスターSGSS

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ